ブログ立ち上げ当初はスモールワードを狙うとアクセス数を稼げるらしい

ブログ分析 ブログ

ブログを始めたはいいのですが、なかなか稼ぐまでのビジョンが見えてきません。

一年後にブログで月収100万円を突破しようと思っているのですが、このままむずかしい。

 

なにか突破口はないものか……。

と探していたら、ひとつの意見に出くわしました。

 

いわく、

最初は「稼ぐ」ことではなく、「人を集める」ことに力を入れるべきだ

 

どうやら稼ぐためには、

 

まずブログに人を集める必要がある

 

ということらしいのです。

 

まずは人を集める

 

たしかに、どんなにいい記事を書いても、誰にも読まれなければ意味がありません(収入を得ようとするなら)。

人が集まらなければ収益へとつながりませんよね。

 

ブログで「人を集める」とは、「アクセス数を増やす」と同じ意味です。

 

じゃあアクセス数を集めるためにはどうすればいいのか?

 

それは、

検索結果の上位に表示されること

です。

 

そして、初心者が検索上位に表示されるために意識するのが、「スモールワード」です。

 

スモールワードとは、検索エンジン(グーグルとかヤフーとか)で検索される回数が少ないワードのこと。あるいは、いくつかの単語を組み合わせた複合検索ワードのことです。

 

「スモールワード」の反対は、「ビッグワード」

 

ビッグワードは、検索される回数が多いワードです。

 

たとえば、ビッグワードは、

「天気」
「ダイエット」
「アニメ」

 

こうした、当てはまる物が多い抽象度の高い単語です。

 

スモールワードは、いくつかの単語を組み合わせて抽象的なものを具体的なものにするのです。

「天気 衛星 誤差」
「ダイエット 渋谷区 ジム」
「アニメ ミステリ おすすめ」

こんなふうにです。

 

明日の天気を知りたくて検索する人はごまんといるでしょう。

それに比べると、天気と気象衛星の関係について調べようとする人は圧倒的に少ないはずです。

 

このように、いくつかの単語を組み合わせることで、検索する人を絞り込むことができるのです。

 

え、でもそれじゃあアクセスは増えないんじゃ……

 

 

たしかにそうですね

でも順序があるのです

 

スモールワードとは、検索される回数が少ない単語または単語の組み合わせでした。

前提として、はじめてすぐのブログはアクセス数が増えないのが当たり前です。

 

そこで、アクセス数増加のため、まずはスモールワードで検索結果の上位を狙うのです。

 

競合が少ない「スモールワード」を狙う

 

スモールワードでの上位表示は、ビッグワードよりもはやく達成できます。

 

これはどういうことか?

 

ビッグワードでは、検索する人が多いと同時に、検索結果として表示されるサイトの数ももかなり多いのです。

 

つまり、競合が多いということ。

とくにビッグワードで上位に表示されているようなサイトは強いのです。

 

強いとは、サイト内の記事が充実していて、アクセス数もかなりあるということです。

そんな強豪サイトがいくつもあるなかで、始めたばかりの弱小ブログでは太刀打ちできません。

 

ビッグワードでは、強いサイトにかなわいから、まずはスモールワードで上位を狙うのです。

 

ニッチな分野でも読者が“ゼロ”とはかぎらない

 

ブログ開設当初ならばこの最低でも3つのキーワードを基準にしてタイトルを作らないと、競合サイトより上位表示はされないでしょう

 

なるほど、と思いました。

「3つのキーワード」というのは、スモールワードのことです。

 

最初はスモールワード狙いでもいい理由。

それは、どんなにニッチなワードでもそれを検索する人には関係ないということ。

 

自分の興味があることを検索する

何か解決したいことがあるから検索する

悩みをどうにかしたいから検索する

 

インターネット上の記事は、誰か一人でも検索する人がいるなら読まれる可能性はある

 

スモールワードは、検索する人がいないのではなく、少ないです。

 

数は少ないけれども、その記事を必要としている人のもとに確実に届ける。

それを繰り返すことで、着実に信用を積み重ねていく。

 

自分が以前一度困ったことは、おそらくこれから誰かが困るであろうこと。

 

ビッグワード(たくさん検索されるワード)じゃないから書かない、ではもったいないのです。

 

スモールワードこそ初期は書くべき!です。

 

いきなりビッグワードを攻略するのは、至難の業。

まずは、スモールワードから攻略していきましょう。