【継続】毎日続けることの何がいいかというと、それをするハードルがどんどん下がっていくこと

目標、ランニング、マラソン ブログ

毎日続けることの何がいいかというと、

それをするハードルがどんどん下がっていくこと

 

ということに気がつきました。

 

一番最初は、実行するハードルを下げて、続けることだけを考えました。

そのハードルを下げたまま続けていると、次は続けることにそれほどエネルギーがいらなくなりました。

 

そんなに頑張らなくてもいい。頑張らなくてもできるくらいのハードルで続けたからですね。

 

それで多少は続けられるようになるとどうなるか。

今度は続けること、それ自体が楽しくなってくるんですね。

 

他人と比べれば(べつに比べる必要もないですが)、小さいことかもしれません。

でも自分にとっては、すごく達成感のあることなんですね。

 

小さな成功体験といってもいいです。

 

成功体験をすると何がいいかというと、気持ちいいんです、脳が。

成功体験をすると脳が喜んで気持ちよくなるから、また同じ体験をしたいと思うようになります。

 

なので、「今日も継続してやろう」と自然に思えるんですね。

 

三日坊主の常連

 

続けたいのに中々続けられない。続けなきゃいけないのに、やめてしまう。

今までの人生でこんなことはしょっちゅうありました。

 

一応このブログは(途中でやめそうになりながらも)なんとか続いています。

 

これに限らず、英会話とか筋トレとかダイエットとか茶道教室とか。

習慣にしたほうが絶対にいい、絶対に成果が出るとわかっていながら、続けられないことってありますよね。

 

それともわたしだけですかね。三日坊主をもう何回繰り返したかわからないほどです。それくらいやめてきました。

 

しかし、今回だけはなんとか続けたいので何かいい方法はないかと思っていたんです。

 

結局、そんな魔法みたいなものはないんですね。あるのは地道な方法だけ。でも地道なやり方は、地道なだけに確実ともいえます。

 

続けるために、「続ける」

 

では、やめずに続けるためにはどうすればいいのかというと、

続けるのが一番なんですね。

 

は?」と思いますよね。わたしでもそう思います。

 

でもこれでいいんです。

最初は続けることそれ自体を目的にするんです。

 

たとえば、筋トレを毎日することに決めるとします。

このときの目的は、筋トレをして理想的な肉体を手に入れること、ですよね。

 

でもそれだと続かないんです。よほど鉄の意志を持っているのでもない限り。

 

なんとなくの理想像だけを頼りに努力を続けるって結構つらいものです。

 

それなら、最初は続けること自体を目的にするんです。

 

筋トレなら、まずは腹筋一日一回を目標にする。どんなに忙しくても一日の中で腹筋一回をやる暇すらないなんてことはありませんよね。

 

腹筋一回なら5秒もあれば余裕でできます。それを一週間くらい続ける。

それならさすがに出来ますよね。馬鹿にしてるのかって感じです。

 

そしてじゃあ次の一週間は、一日腹筋二回にする。そしてまた一週間続ける。

 

こうやって続けること自体を目的にしているとどうなるか。

続けてやることそれ自体が楽しくなってくるんですね。なにより、自分で決めた目標をきっちりこなせることが楽しくてしょうがなくなってくる。

 

つまり、続けることの一番のコツは、

楽しんでやることなんです。

 

続けていくと、力がついて、できることも増えていく

 

今日出来たんだから明日もできる。

というふうに、続けることに対して気持ちがどんどん前向きになっていきます。前向きになれば自然と続けることが苦ではなくなる。

 

そうして少しずつ毎日のうちにできる量が増えていきます

少しずつ増えていって、さらにどうなるか。

 

まだ実感していないのでおそらくですが、量と質とスピードが上がっていくはずです。

なぜかといえば、毎日続けることによって、着実に力がついているからです。

 

それまで腹筋一回でもヒィヒィ言っていたのが、100回でも楽勝になる。

1,000字書くのに、苦労してなんとか言葉を絞り出していたのが、楽々1万字書けるようになる。

 

正直に言えば、そんな先のことはまだ実感できませんよね。想像もできない。

でも毎日少しずつでも続けてやった、その先に確実にある未来なんです。

 

周りの人と比べると、無性に焦ってしまいます。自分があまりにものろますぎて。

それなら周りは気にせず、自分のことだけを見ましょう。

 

小さな成功体験を少しずつ積み重ねていきましょう。