ネタがなくなるという恐怖への対策は「インプット」しかない

ブログを書く上でネタが無くなる問題をどうするか ブログ

最近、何かを続けることのコツを少しだけ掴みました。

 

関連記事:毎日続ければつづけるほど楽になる

 

ハードルをとことん低くして、はじめはとにかく毎日続けることを目標にするんですね。

 

わたしの場合はこのブログです。更新です。継続です。

 

内容とか質とかは、とりあえず脇に置いておいて続けることだけを目的にしたんです。

それはまあいいとして。問題なのは、“ネタ”です。

 

ネタがないという深刻な問題

 

1行でも2行でも何かしらのことを書いて、更新する。これはいいんです。

 

でも、書くことがなくなったらどうしよう。

これが問題なんです。

 

その日起こったことをつらつらと書いていたんじゃ、ただの日記になってしまいます。それでは、有名人ならともかく、読む人もつまらないですし。書く方も日記じゃそんなに楽しくない。

 

ネタ枯渇は、深刻な問題です。

 

「ネタ」に関して、誰かがこう言っていました。

 

ネタは、書けば書くほどアウトプットすればするほど、むしろどんどんわいてくるものだ

 

と。

 

これが本当なのか、いまだに納得できないんですよね。

書けば書くほどって言うけれど、そもそもその「書くこと」がないから困っているわけで。

 

書くことがないから、書けば書くほど、が成り立たないんです。こっちは。

 

インプットすれば、アウトプットもできるはず

 

というわけで、ネタ枯渇の解決策として考えたのがこちら。

絶えずインプットをし続ける、です。

 

自分の中に何もないならしょうがないです。外から何かを持ってくるしかありませんよね。

 

とにかく何でもいいから、毎日インプットをする。

何かが入ってくれば、何かを出すことができます。う○こと一緒です。

 

毎日まったく同じことだけをしていたら、それはインプットにはなりません。

もちろん生きているんですから、何かしらの情報は入ってきてはいるんでしょうが。

 

それは刺激にはならない。

 

どうせなら、新しい気づきや新しい体験ができるようなインプットがしたいですよね。

 

いつもと違う本を読む。いつもと違う映画を観る。違う音楽を聴く。違う漫画を読む。

違う場所に行く。違うものを食べる。

 

そして、いつもと違うことを考える。

 

こんな感じで、ちょっとだけでも普段と違うことをすれば、それだけでネタになるはずなんです。

 

そして、これに付け加えることは、なるべく自分がやっていて楽しいことをする

ということ。

 

楽しさに身を任せる

 

自分の内からふつふつを湧き上がってくるような、「これやりたい!」っていう衝動がありますよね。その衝動に身を任せるのが一番いいと思うんです。

 

とにかく何かインプットしなきゃ…」と思いながら、好きでもない本を読んだり、好きでもない映画を観るのは苦痛にしかなりません。

 

というか、それって本末転倒ですよね。

 

それに自分が楽しんでやれるもの・ことのほうが、よりたくさんのことに気づけたり、感じられたりする気がします。

 

アウトプットを意識しすぎないことも大事

 

一つのことからたくさんインプットできれば、アウトプットもたくさんできることになります。

 

何かをインプットするときは、アウトプットを心がけなさい、といわれます。

もちろんそれも大事なのでしょう。

 

でもあまりにアウトプットを意識しすぎても、肝心のインプットが楽しめなくなってしまいます。これは実感としてありました。

 

アウトプットを意識しながらインプットをすることの何がいいのか。それは、アウトプットを前提にすることで、集中してインプットができる。アウトプットするときのことを考えながらインプットができる。といったことです。

 

たしかにこれも一理あると思います。

 

でも後のアウトプットのことを考えすぎるあまり、先のインプット自体を楽しんでやれないことがよくありました。

 

アウトプットのことを考えすぎてしまって、本や映画の世界に入り込めないんです。

 

なのでインプットするときは、感覚として意識の1割をアウトプットすることに向ける。残りの意識の9割をインプットすることに集中する。

 

こんな感じでやっていこうと思います。