【税金】無職ブロガーの場合、1円でも収益が発生したら確定申告しないといけないらしい。

経費計算 お金

このあいだ、ブログからはじめて収益(ほんのわずか)が出たので浮かれていました。「よっしゃ!このまま増やしていくで!」と意気込んでました。

 

でも何かを忘れていました。……いや、本当は気づいていました。でも面倒くさいから、考えるのをやめてました。何のことかというと、それは「税金」のことです。

 

日本国民の三大義務のうちの一つにもなっているくらいです。税金を払わなかった日には、非国民よばわりされてしまいます。まあ、払ってない人いっぱいいるでしょうが……。

 

とはいえ、税金にもいろいろ要件があって、その要件を満たしている人だけが税金を払わなければいけないそう。わたしの場合は、今年の残りあと3か月までに間に、いきなり売り上げが数百万円以上にならない限りは、所得税の申告はとくにすることはなさそうです。

 

来年の春頃に、住民税の確定申告書が送られてくるでしょうから、それを税務署とかに提出すればいいだけです。

 

税金や会計まわりがかなり面倒くさい理由のひとつ。それは「経費」の計算です。日頃から、どんな用途で何にいくら使ったのかを記録として残しておかないといけないのです。これは面倒くさい。

 

なので、1年間がおわってから、「さあ、確定申告書つくるぞ」と意気込んでも膨大な作業がまっていることになります。領収書(レシート)なんてどこにいったかわからなくなっているでしょう。証明ができなければ、経費として計上はできません。

 

なので、「まだブログを始めたばかりで、収益はまったくあがっていないんだよ」という人でも、ブログに直接かかわるものにお金を使った場合には、領収書は保管しておくことをおすすめします。

 

ある程度収益の額が大きくなってきたら、個人から「法人」にしたほうがお得なようです。得というのは、“会社名義”でお金を使えたり、税金を節約できたりするということです。

 

まあわたしには、少しばかり先の話ですが。はやく税金のことで悩めるくらいに稼ぎたいものです。

 

フリーランスのブロガーが税金について気をつけておくべきこと

 

・1円でも収益が発生したら確定申告をしなければならない。ただし、所得が20万円未満なら、所得税の申告は不要。住民税の申告だけすればいい。

・「金額が小さいからバレない」は間違い。最初は泳がせてあとからガッツリむしり取っていくのが税務署のやり方

・税金の計算期間は1年間。収益が発生してない期間でも、ブログのためにつかった費用の領収書などは保管しておいたほうがいい

 

こんなところでしょうか。

 

税金や会計のことは、あまり表にはでてこない話です。でも事業をしていくうえでは、じつは欠かせないほど大事なこと。なにより「脱税」は違法ですからね。

 

もちろん、多めに税金を納めるなんてことはする必要はありません。節税できるならしたほうがいい。会計にはあいまいな部分も結構あるので、「この出費がはたして経費にできるのかどうか」はむずかしいところです。

 

逆にいえば、その裁量を個人(納税者)にまかされているところが、税金の面白いところでもあります。

 

いや、面倒くさいだけですね、やっぱり。