本を選ぶ読む読書ライフは書店・ネット・図書館の三刀流が最強

本、書店、図書館 本・書評

書店と図書館とネット通販(アマゾンなど)。

 

わたしは3つとも利用しています。

本は買うし、借りるし、電子でも読む。

 

読みたいときに読みたい本を読むためには、この3つを全部使うのが一番いいんですね。

 

図書館から文庫本なくしても、売上は増えない?

 

以前から、図書館に文庫を入れる入れないの問題が話題になっていますよね。

 

出版社が言うには、

書店で買わずに図書館で借りて済ます人がたくさんいる。

だからせめて、文庫本だけでも借りられないようにしてほしい(買ってほしい)。

ってことみたいです。

 

図書館から文庫本がなくなれば、それまで借りていた人たちもしぶしぶお金を出して買うだろう、ってことだと思います。

 

でもそれで、出版社の売上が増えるとも思えないのですけどね。

 

図書館においてある文庫本って、図書館の本の中でも結構汚いんですよね。なぜならみんなが借りるから。他の本よりたくさん汚れています。

 

なので、文庫本ユーザーが多いことは確かです。

しかしながら、借りていた人が買う人になるかどうかは疑問ですね。

 

手垢がひどい文庫本をそれでも借りる人たち。たとえ、図書館から文庫がなくなったとしても彼らがおとなしく新刊を買うとは思えません。

 

いやまあ買う人も少しはいるでしょうが。

 

そういう人は元から新刊で買うことに抵抗がない人でしょう。

 

図書館の客層は、ほとんどが高齢者のように見えます。近所の公立図書館に行くと、本を読んだり借りたりしているのは、大半がお年寄り。

 

彼らが今から習慣を変えて、借りるから買うへ移行するかといったら、しないでしょう。

 

出版の売上は少しずつ減っているそうです。それは図書館から文庫本をなくしたくらいではどうにもならない気がします。

 

そして、図書館自体の利用者も減っていくと思います。具体的には今の高齢者が亡くなるあたりで一気に利用者が減る。

 

なぜかといえば、今の若者に図書館にいく習慣があるとは思えないからです。漫画の新刊があるぶん、まだ書店にいく可能性のほうが多いでしょう。

 

結局何が言いたいかというと、余所をつぶしたところで自分がうるおうわけではないということ。

 

内輪同士でケンカしていても、出版全体が衰退していくだけです。

 

書店、図書館、ネットを全部使う

 

とまあこんな考えをもっているわたしは、本を買ったり読んだりするときは、書店も図書館も、それからアマゾンも全部使っています。

 

はっきりと使い分けの基準をつくっているわけではありません。強いて言うなら、その本がある所で買う(読む)って感じです。

 

新刊を除けば、書店と図書館とアマゾンのラインナップって意外とかぶってないんです。

 

新刊は書店には平積みされて置いてある。アマゾンでも在庫がある。図書館はあるにはあるけど、新刊は予約がものすごくて何十件とか入っているので、まあ読めない。

 

図書館では少し古い本と大型本を

 

図書館の見所は、古い本、絶版本、大型本です。

 

本を読んでいたら途中で別の本が出てきたりしますよね。あとは巻末に参考文献がのっていたり。そういう本ってなんとなく興味を持って調べたりします。

 

でもそれが10年とか20年前の本だと書店にもアマゾンにもなかっりするんですね。

 

そういうときは、図書館の出番です。

図書館の検索システムで調べれば、たいてい見つかります。

 

古い本や絶版本は、書店で探すよりも図書館で探したほうがすぐに見つかるし読めて便利です。

 

あと図書館で見るのは大型本ですね。

ゴッホとかピカソとか、美術の本に大型本が多いです。

 

でもこの大型本は、装丁がしっかりしているからか、本を作るのに手間がかかっているからか、めちゃくちゃ値段が高い。5千円とか1万円とか平気でします。

 

さすがに億万長者ではないので、そこはおとなしく図書館で借りて読みますね。

まあ大型本を好んで読む人はあまりいないのかもしれませんが。

 

書店にあるのは、売れる本

 

書店に課せられた使命は一冊でも多くの本を売ることでしょう。

もちろん、いい本を多くの人に届けたい、読んでもらいたいという思いもあるのかもしれませんが。

 

商売である以上は、本を売らないとお話になりません。

 

なので、書店は本を売りたがっている、ということを前提として頭にいれています。

 

だから書店に並んでいる本は、売れる見込みがある本ということですね。あるいは、書店か出版社が売りたがっている本か。

 

売れない本は、あっという間にいなくなります。

 

とくに中小の書店では、売れない本はすぐに姿を消す印象です。ほんの数年前の本がもう置いてなかったりします。

 

大型書店なら多少売れてないような本もあります。置いてある本の全体数が多いからですね。

 

売れているからといって、それがいい本であるかどうかはまた別問題です。売れているのに、大して面白くない本もそれはあるでしょう。

 

面白い本を見つけるためには、結局のところ自分の直感に頼るしかないんですね。

 

ネットと電子書籍は相性抜群

 

アマゾンのいいところは、紙で絶版になっていても電子で買える本があることです。

あとは、書店に在庫がない本もアマゾンには在庫があることがある、ことですね。

 

読みたいと思った本が絶版になっていてがっくりしていたら、電子書籍なら買える本がたまにあります。

 

紙だと印刷や在庫保管のコストがかかりますよね。でも電子書籍なら、かかるのは電子化のコストくらいであとの追加コストはかかりません。

 

正直絶版になった本は全部電子化すればいいのに、って思っているんですが。まあ無理でしょうね。それよりも新しい本を作るのに忙しでしょうし。

 

最近本が絶版になるのが早すぎませんかねぇ。まあ本を買わないわたしたちが原因なんでしょうが。