『これからの本屋読本』感想

本屋 本・書評

タイトルの「これからの本屋」という言葉を見て、「本屋にこれから(未来)はないんじゃないか?」「本屋はもうつぶれていくだけじゃないか」などと思ったかもしれません。

 

たしかに最近は、ちいさな街の本屋から大手チェーンの大型書店まで、閉店のニュースをよく聞きます。閉店の理由は、店主が書店の経営に飽きたからではなく、本が売れなくなり採算が取れなくなったからというのが多いようです。

 

つまり、本屋というのは、ビジネスとして成り立ちにくいものとなりつつあるのです(もちろん、さまざまな工夫をして、きちんと売り上げ、利益を上げているところもあるはずですが)。

 

ところが、日本も含めて「読書人口の多い先進国」では、ちいさい本屋をはじめる人が増えているのだそうです。本屋がものすごく儲かる仕事でないことは十分わかっているはずです。それでも、本が、本屋が好きだから、とはじめる人たちがいる。

 

本書『これからの本屋読本』はそんな、これから本屋を始めようと思っているに向けた“読本”です。

 

それでは、本屋をはじめるつもりのない人は楽しめないのかといえば、そんなことはありません。本が好きな人のなかには、本屋も好きという人は多いでしょう。本屋の裏側を知ることができる機会というのは、そうあるものではありません。本屋にいったとき、本が陳列されているフロアを自由に歩き回ることができても、バックヤードにまで立ち入ることはできません。

 

この本では、そのバックヤード、本屋の裏側を見ることができます。

 

著者の内沼晋太郎さんは、新刊書店を経営しているほか、古本書店の社外取締役や出版社の経営もしているそうです。本好きでもここまでしている人は中々いないでしょう。

 

仕入れなどの実務的なことだけじゃありません。本と本屋のいいところやどこが好きかなどについて語られているのも面白いです。

 

本屋をはじめるつもりのない人でも、本が好きなら楽しめる内容になっています。

 

本屋を一周することは、世界を一周することに似ている。

 

この言葉がとても好きです。

どうして本屋に行くとあんなにもワクワクするのか。ただ棚に本が並べておいてあるだけなのに。個人的には本屋は世界一のアトラクションだと思います。

 

『これからの本屋読本』内沼晋太郎 NHK出版