正直もう死にたいと思ってたけど、ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』を読んだら生きる希望がわいてきた

本・書評

まだ文庫で上下巻あるうちの上巻しか読んでいないけど、すごい本だ。

とにかく成功したい人は、この本を読めばいいです。

 

たぶん反応は真っ二つにわれるでしょう。

 

「この本すげぇ!俺(私)も成功したる!」という人と、

「は?なんだこれ。詐欺だろ」というひと。

 

自己啓発書になんとなく胡散臭さを感じている人も、成功したいならぜひ読むべき。

 

少なくとも詐欺本ではない。

どうしてかというと、「行動すること」をすすめているから。

 

成功したいなら、とにかく自分の願いをはっきりと意識する。

そして成功するための努力を惜しまないこと。

 

多くの人が成功のために努力できないのは、成功が保証されていないからですよね。

しかし、成功を意識しつづければ必ず成功する。

 

本書のなかでこれが何度も出てきます。

 

思考は現実化する

 

成功したければ、自分の願望をはっきりと明確に頭の中に思い描くこと。

そしてそれを毎日2回呪文のように唱えること。そうすることで自分の願望を潜在意識に刷り込むことができる。

 

ざっくりといえば、成功するために必要なことはこれだけです。

 

なぜかといえば、『思考は現実化する』から。

人は自分が考えたような人間になるのです。

 

願望はなんでもいいです。

「富豪になりたい」でも「美人と結婚したい」でも「世界一周したい」でも。

 

重要なのはそれを意識しつづけること。

 

成功の源はそれぞれの人の思考にあります。

自分の願望を意識するところから成功ははじまります。

 

マイナス感情にのまれない

 

成功するのに思考がとても大事だということがわかりました。

でも思考を疎かにしている人は多いのではないでしょうか。

 

人間の本能なのかわかりませんが、人はどうしてもマイナスの感情に流されてしまいます。

誰しも嬉しい楽しいという幸福感はあるはずですが、それらはすぎぐに消えてしまいます。

 

割合でいえば、幸福感よりも不幸感をを抱いて過ごしている時間のほうが多いでしょう。

 

嫌いな人の愚痴や上手くいかないことへの不安、今いる環境に対する不満。

 

意識しないでいると、どんどんそっちの方へ流されてしまいます。

 

でもこれらのことは考えても仕方のないこと。他人の悪口なんかいったところで1円も得をしません。それどころか、自分にとって悪い影響しかない。

 

なぜなら、「思考は現実化する」からです。

 

マイナスのことばかり考えていたら、後ろ向きなことで頭が支配されてしまいます。

イヤなことばかり考えていると、自分もイヤな人間になってしまいます。

 

不平や不満、愚痴なんてものは、成功の真逆にあるもの。

マイナス感情に支配されればされるだけ、成功からは遠ざかってしまう。

 

自分の成功にだけ意識を向ける

 

たしかに、どうしようもなく嫌な人はいます。

でもそれで自分まで嫌な人間になる必要はまったくない。その嫌な人はマイナスの感情に支配されているでしょうから、今後成功することはないでしょう。

 

そんなことは心底どうでもいことです。

 

自分が嫌いな人が何を言おうがどこへ行こうが、成功しようが失敗しようが自分には何の関係もありません。

 

あなたが考えるべきなのは自分の成功、ただそれだけなのです。

 

自分の願望をはっきりと想像する(すぐにできなくてもいい)

毎日頭のなかで、自分が望みを叶えている姿を思い描く

自分は成功する、望みは絶対にかなうと自分に言い聞かせる

こうして書いてみると、それほどむずかしくないように見えます。

 

人は誰でも死ぬほどかなえたい願いをもっています。

必ずです。もっていない人はいません。

 

「自分にはそんなものなんてない」という人は、自分で願望に蓋をしてしまっているだけ。

 

「願ったところでどうせかなわないから」

「もし失敗したら、まわりになにか言われそうで恥ずかしいから」

 

失うことを恐れすぎています。

 

いま自分のまわりにいる家族、友人、恋人。

これらの人たちから何を言われようと、関係が破綻しようと正直知ったことではありません。どうでもいいことです。

 

家族や恋人、友人なんてあとからいくらでもつくることができます。

 

何をおいてもまず優先するべきなのは、“自分の成功”なのです。

 

本は重要な気づきときっかけをあたえてくれる

 

この『思考は現実化する』という本は、あくまできっかけを与えてくれるに過ぎません。

 

だれでも成功することができる

自分の望みを叶えることができる

ただ、それに気づいていないだけ

 

それでも、このことを知らなければ一生成功しないままです。

100人いれば100とおりの成功がある。

 

何から何まで手取り足取り教えてもらえるわけではありません。

しかしながら、誰でも成功することが可能であること。

そして、そのために必要な心構えがあること。

 

これを教えてくれるだけでこの本は価値があります。

 

成功の方法は一つではない

 

世の中にでまわっている「成功ノウハウ」がそっくりそのまま自分に当てはまることはないです。いくつかのことは参考になるとしても。

 

わたしが成功する方法は、あなたのそれとはちがっているでしょう。

 

成功のノウハウ通りにことが運べないと、イライラしたり、不安になったりします。

 

でも、成功法則とは、

 

「自分の願望を強く頭に思い描くこと」

「自分は絶対に成功するのだと信じること」

 

です。

 

自分の願いがわかったら、あとはそれに向かって突き進むだけ。

 

細かいことはそれほど重要ではありません。むしろ、細部に気を取られすぎて「自分はダメだ」と思ってしまったら元も子もない。

 

「自分は成功するんだ」という気持ちを常に持ちつづけましょう。

 

 

漫画版もあります