『君は008』考察