【君は008】城戸あやめという名前は、本名ではない?【考察】

君は008考察、城戸あやめ、名前 『君は008』考察

『君は008』についての考察です。

今回は、ヒロイン・城戸あやめの名前について考えていきます。

 

「城戸あやめ」というのは、本名じゃない…?

 

『君は008』の単行本を読んでいて、ふと気になったことがあります。

それは、あやめの名前は本名なのか?ということです。

 

君は008、城戸あやめ

『君は008』第1話より ©Syun Matsuena 2018

 

現在は同じ養成学校に通っている生徒たちですが、プロのエージェントになれば、いつ敵同士になるかわかりません。

そんな相手に、はたして自分の本名を明かすでしょうか?

 

とくにあやめは、幼少期から活動しているプロのエージェント。

中野高校の生徒のなかでは、実力・経験ともにナンバーワンでしょう。

 

エイトたちならともかく、あやめが自分の身を危険にさらすようなミスをするとは考えにくいです。

 

本名からは、いろいろな情報がわかってしまいます。

住んでいるところやいままでの経歴、資産、家族、そして所属している組織の名前まで……

 

敵のエージェントなら、名前からこういった情報を引き出すことが簡単に出来てしまうでしょう。だからこそ、名前は自分の生命線でもあります。

 

それをむやみにさらすことは、自分から弱点を教えているようなもの。

現役のエージェントでもあるあやめが、そんなまずいことをするとも思えません。

 

というわけで

「城戸あやめ」というのは、本名ではなくコードネーム

なのではないかと思っています。

 

「名乗らん君」が名乗らん理由

 

エイトと同室の「名乗らん君」は、いまだ頑なに名前を明かそうとはしません。

彼はかなりの強さのようですが、ほとんど自分のことを話さないので謎が多いキャラクターです。

 

名乗らん君

『君は008』第5話より ©Syun Matsuena 2018

 

彼が名乗らんことには、2つの理由が考えられます。

 

・本名は教えたくないから
・さんざん焦らしてから偽名を教えることで、それを本名だと思わせるため

 

本名を教えたくない

 

本名を教えたくないというのは、エージェントとして当然の気持ちです。

 

まだ見習い状態とはいえ、エージェントに対して自分の本名を教えるのはリスクがあります。いまはまだ大丈夫でも、後々どうなるかはわかりません。

 

そのことは名乗らん君もわかっているはずです。

 

彼は入学初日に、小型の地雷探知器をつかって地雷原を突破していました。

適当に物を投げて地雷を爆発させるでもなく、強引に突破するでもなく。

 

ここから、名乗らん君が慎重でスマートな人間だということがわかります。

 

なので、不用意に自分の身を危険にさらすようなことはしないはずです。

自分を危険にさらす行為というのは、自分の本名をまわりの人間に教えることです。

 

偽名を本名と思わせるための布石

 

あるいはこんなことも有り得るかもしれません。

 

それは、

さんざんもったいぶってから名前を教えることでそれが本名だと思わせる

というものです。

 

エージェントはだまし合いの世界。

 

すんなり本名やコードネームを教えるよりも、もったいぶってから教えたほうがより本当のことをいっているように相手は受け取るでしょう。

 

似たような理由で、「城戸あやめ」がコードネームかもしれないと思うわけです。

 

「城戸あやめ」は、普通に聞けば日本人の名前です。

あやめの容姿からもわかるように、おそらく日本人でしょう。日本人が日本の名前を名乗る。普通は何の疑いもなく、本名だと受け取ります。

 

相手の思い込みを逆に利用するんですね。

 

エイトや野原はおそらく本名

 

こんな風に、あやめや名乗らん君は偽名をつかっている(つかおうとしている)可能性が大いにあります。

 

一方で、エイト・上月大河・野原英雄などは本名の可能性が高いです。というかほぼまちがいなく本名でしょう。

 

エイトが、(敵だとはっきりわかっているならまだしも)、学校の同級生をあざむこうなんて考えるとは思えません。

 

上月や野原も、性格はエイトに近いような気がします。

わりと素直でまっすぐです。だから、偽名を名乗っているようには見えないですね。

 

明石閑真も本名ということに…

 

「明石エイト」が本名だとすると、「明石閑真」も本名だったということになります。

ここは少し気になるところです。

 

どうしてかというと、

中野高校の教師陣は、「008号」の本名が明石閑真だということを知っていた

からです。

 

先生たちはいまのところ、だれも本名を明かしていません。

全員コードネームでよばれています。生徒たちからはもちろん、教師同士でもコードネームでよびあっています。

 

中野高校の先生たちは、みんなコードネームでよばれている。

なのに、明石閑真だけは本名を出している。ここがどうにも引っかかります。

 

「組織」のエージェントには本名を教え、プライベートでも本名をつかっていた。

もしかすると、本名から正体がバレて、家族のことを知られてしまった。

それで脅迫され、死んでしまった…

 

こういう可能性もありますね。

 

結論:「城戸あやめ」は偽名でもおかしくない

 

城戸あやめという名前は、
本人の性格からすると本名の可能性もあるが、
プロのエージェントということも考えると偽名でもおかしくない

ということになります。

 

つまり、五分五分ということですね。

まあ、単行本のキャラクター紹介に「城戸あやめ」とあるので、これが本名の可能性のほうが高いですが。