目標を達成するために必要なことは、情熱をもって楽しむこと

お金

 

人生目標とかを立てるのはあまり得意ではないです。そもそもこれまでの人生で目標とか計画を立てても、まともに達成できたためしがない。

 

夏休みの宿題は最後まで終わらなかったし、資格試験は途中で投げ出したし…

 

それでも、ここらで本当に目標を立ててマジで達成したいと思うように最近なりました。

 

その目標は、億万長者になること。そして人生を、毎日を心から楽しむこと。

 

欲しいものは本くらい

 

この目標を立てるときに自分が欲しいものとかいろいろ上げてみたんですが。意外とありませんでした。生活費を除いたら、欲しいものって本と漫画くらいなんですよね。漫画も本ですが。

 

それはもう毎月50万円分くらい漫画を買って読めたら最高です。

 

でもそれ以外に特に欲しいものってないんですね。意外と。

お酒は飲まないし、タバコは吸わないし、ブランド品も興味ないし、車もいらないし。

 

最低限(のちょっと上くらい)の衣食住さえ満たせれば、それで十分なんですよね。

 

出来ない理由を探す

 

自分がなんで今まで億万長者になれていないのかを考えてみました。そうすれば、億万長者への第一歩が見つかるかも、と思ったからです。

 

・お金儲けの方法を知らない

・本気になれていない

・情熱が足りない

 

今思いつくのはこれくらいです。要は方法を知って、本気になって情熱をむければ目標に到達できるってことですかね。

 

「方法」は、ネットで検索するなり本を読むなりすれば、たぶんわかります。それよりも重要なのは、情熱です。

 

情熱こそ至高

 

起業家として成功するためにいちばん大事なのは「情熱」だ、とよくいわれます。

 

お金でも人脈でも頭の良さでもMBAをもっていることでもない。どれだけ自分の仕事に真剣に向き合っているかってことですよね。

 

情熱があれば、本気になるし、やる気もでるし、モチベーションも上がります。

たいして好きでもない仕事をしていたら、「今日も仕事嫌だなぁ」と思いながら出勤することになります。

 

でもその仕事が自分から積極的に情熱を向けられるほどのものなら。誰かに強制されるまでもなく、嫌だと思う暇もなくそれに没頭していると思うんです。

 

仕事じゃなくても、たとえば漫画が好きなら、まさか嫌々漫画を読んだりはしませんよね。他のことをほっぽりだしてでも漫画を読みたいと思う。

 

それはどうしてかというと、簡単にいえば「楽しいから」ですよね。

 

楽しいからもっと読みたくなる。楽しいから自然と没頭する。

 

こう考えると、楽しいとか嬉しいとか面白いとか。そんな前向きな気持ちを持っているときは、自然とやる気が出るんですよね。

 

そしてこれはたぶんですが、その楽しい状態のときは、頭がよく活性化していると思うんです。人間にとってプラスになる脳内物質が出まくっているんですね。

 

だから楽しいことをしていると、空想が広がるし、アイデアも生まれるし、前向きになれるし、力がわいてくる。

 

楽しいと情熱は、イコールではなくても近いものな気がします。だから、情熱をもった起業家は成功するんですね。

 

目標を達成するために必要なこと

 

というわけで、目標を達成するためにこれからの自分が何をすればいいのかということをざっくりとまとめると、

 

自分がやっていて本当に楽しいこと、好きなことをする

目標達成に近づくようなことを意識的に選んでやる

 

ということになりました。

 

いくら大それた目標を立てたって、情熱を持てなければ始まりません。嫌いなものを頑張って好きになるくらいなら、はじめから好きなものに向かったほうが簡単ですよね。

 

思考についても同じで、気を抜くといつの間にか嫌なことを考えてしまいがちです。人間関係とか、漠然とした将来の不安とか。でもそんなものを考えたところで、現状はまったくよくなりません。

 

嫌なことばかり考え続けてきたわたしが言うんだから間違いないです。

 

それだったら、楽しいことを考えましょう。気持ちが前向きになるし、人生も楽しめるようになるはずです。

 

目標達成に近づくことを意識的にやるというのはどういうことか。

 

人間ってわりと習慣で毎日を生きています。

 

大して意味のないこと面白くもないことでも、それが習慣になっていると考える間もなくやってしまいます。

 

たとえば、歯磨きってべつに面白くはありませんよね。必要だから仕方なくやっているだけ。もしやらなくてもいいなら、明日から二度と歯磨きなんてしないでしょう。

 

まあ歯磨きの時間をゼロにすることはできませんが。ようは、どうでもいいことをしている時間をなるべく削るということです。

 

その削った分の時間を目標達成に近づくための時間にする。

 

それがどういう時間かは、人によって違うと思います。

本を読んで知識を得たり、映画館にいって映画を観て感動したり、人に会いに行ったり。

 

目標に近づけると自分が思うことならなんでもいいのです。

 

それもできれば嫌々やることより、自分から楽しんでやれることがいいですね。

 

楽しいことを楽しんで夢中になってやっているうちに、気づいたら目標達成していた。

そんな感じが理想的です。