アマゾンなどのネット通販で商品を買うときには、商品説明をよく読むのが大事

ネット通販、返品 IT

最近、Logicoolのキーボードを購入しました。

製品自体は使いやすくて満足しているんですが、買うとき(買った後?)にひとつ問題が起こりました。

 


Logicool ロジクール KX1000s bluetooth ワイヤレスキーボード CRAFT マルチデバイス Windows,Mac対応 Adobe CC対応, FLOW機能対応

 

それは内容物の重複です。

 

PCとキーボードを無線でつなげるためのレシーバーがあります。それがかぶってしまったんですね。

 

わたしが今使っているPCはBluetoothがありません。なので、キーボードとPCを無線で連携させるには、USBのレシーバーを使うしかありません。

 

そこで、キーボードと別売りのUSBレシーバーも一緒に買ったのです。

 


Logicool ロジクール RC24-UFPC USB Unifying レシーバー M570t、M705t、M545BK、K270、MX Master/Anywhereシリーズなどに対応

 

ところが、届いてからいざ開封してみると、キーボードの方にデフォルトでUSBレシーバーが付属していたんですね。別売りの方は、まったくいらなかったわけです。

 

なんでそんなことになったのかというと、アマゾンの商品ページに書いてある説明をちゃんと読んでいなかったから。

 

あのアマゾンの商品を購入するページって、結構いろいろ説明が載ってあるんですよね。

特に電子機器は、スペックやら使い方やらメーカーの推しポイントやらいろいろ書いてあります。

 

正直「全部読むのはめんどくせー」などと思って、流し読みだけして買ってしまったんですね。これはよくない。非常によくなかったです。

 

アマゾンで何かものを買うときは、そのページに書いてある説明は、上から下まで全部に目を通すべきです。そのことを痛感しました。

 

「そんなの当たり前じゃん」と思った方。

素晴らしいですね。今後もどうかそれを続けてください。無駄な買い物はしないほうがいいです。

 

重複したものはどうしたかというと、返品しました。

アマゾンで買った商品は、一定期間なら返品を受け付けてくれます。

 

ただし、完全にこちらのミスで注文したものなので、返金されたのは半分だけでした。返品するのに、郵送をつかったので、それも考慮すると戻ってきた金額は注文金額の1/3ほどです。

 

まあまったく戻ってこないよりはマシでしょうが。

 

返品するのも面倒くさいし、お金は無駄になるし、いいことがありません。

 

というわけで、ネットで商品を買うときは内容物はきちんと確認しましょう。という教訓でした。説明文は2回か3回読むくらいの気持ちでいるといいですね。