いま一番安い格安SIMはこれだ!「nuroモバイル」の「0 SIM」を契約してみた。

IT

ここ数年で、格安SIMもずいぶん広まったような気がします。格安SIMを提供するサービスの数も増えました。どれが良くてどれがだめなのか。いったいどんな基準で選べばいいのか。ほとほと途方に暮れてしまいます。

 

そこで、とにかく“安さ”だけを基準にSIMを探してみました。そして見つけたのが、nuroモバイルが提供している格安SIM、「0 SIM」です。

 

申し込んだら2日後には届きました。内容物はシンプルで3点だけ。確認事項と利用マニュアル(最初の設定とか。とても簡単)とSIMカード。

 

「0 SIM」のメリットは?

「0 SIM」の一番の魅力は、なんといっても、通信量が月499MB以下なら、通信料金が「0円」ということです。基本料金が無料なのです!(データ通信専用SIMの場合です)。

 

極端にいえば、1ヶ月間まったくデータ通信を使わなかった場合、通信料金は「0円」になります。Wi-Fiはデータ通信ではないので、格安SIMの通信費には影響しません。

 

スマートフォンでのネットサーフィンはそこまでやらない。メインで使っているのはPCという人にはうってつけです。

 

逆に日頃から、スマホで動画をガンガン見る、という人にはおすすめできません。あっという間に通信量の上限を超えてしまうからです。「0 SIM」はあくまで、スマホをサブ端末として使っている、という人向けのサービスだと思います。

 

とにかく毎月の通信費を安くしたい、という人にはおすすめです。

 

SMSや音声通話プランもある

毎月の通信量が499MBまでなら、通信料金0円というのが「データ専用プラン」です。

 

このほかにも、「データ+SMSプラン」と「データ+音声プラン」があります。この2つのプランには月額基本料金が設定されています。

「データ+SMSプラン」は、税込み162円。「データ+音声プラン」は、税込み756円です。これでもかなり安いですね。通信量が499MBを超えるとこの基本料金に、段階的に通信料金が加算されていきます。

 

SMSや音声通話はほしいけど、通信料金を低くしたい人にいいでしょう。

 

自分が申し込んだのは、データ通信+SMS(ショートメッセージサービス)のプランです。SMSをつけたのは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などの認証に使えるからです。

 

「0 SIM」をつかうなら、ここに注意!

いいことずくめのように見えますが、1つ気をつけておくことがあります。それは、「データ専用」と「データ+SMS」のSIMは、3ヶ月データ通信がないと“自動的に解約”になってしまうことです。

 

データ通信を使わなければ通信料金は0円だー、とまったく使っていないと、いつの間にか契約自体が無効となってしまうのです。ただ、これはさほど気にしなくても良いような気がします。毎月、日を決めてデータ通信を使うようにすれば大丈夫でしょう。それよりも、「基本料0円」のメリットのほうが圧倒的に大きいと思います。

格安SIMに求めるのは、一にも二にも「安さ」だ!という人に断然オススメです。

コメント

  1. […] 徴についてはこちらの記事に書きました。→「いま一番安い格安SIMはこれだ!「nuroモバイル」の「0 SIM」を契約してみた。」 […]