作業用BGMとしてspotifyでクラシックを流しっぱなしにするとはかどる

spotifyでクラシックを IT

作業中に無音だと、なんとなく耳がさびしくて音楽が欲しくなります。

なので、ここのところ作業しているときは、ずっとspotifyで音楽を流しっぱなしです。

 

みんなのための音楽。
あなたに必要な音楽は、Spotifyだけ。

 

使い方としては、文章を書いているときや部屋の整理をしているときにかけます。

文章を書くときはクラシックを。部屋の掃除みたいに頭を使わない作業はアニソンなどを。

 

本を読むときはさすがに集中できないので、音楽は何もかけませんが。

あとある程度集中が必要な作業のときは、無音か、音楽を流すにしても歌がないもののほうがいいらしいですね。

 

そのほうが集中力が高まるそうです。

たしかに歌がある曲が流れていると、そっちに気を取られてしまいますからね。

 

無料プランには、「音声広告」と「時間制限」がある

 

spotifyには、無料プランと有料プランがあります。

目立った違いとしては、無料プランには、広告と時間制限があることですね。

 

広告は、何曲か再生するごとに入ってきます。

時間制限は、1か月に15時間まで。

 

15時間ってすごく長いように感じますが、意外と短いんですね。曲をかけっぱなしにしてたら、数日で持ち時間がなくなります。

 

持ち時間がなくなると1か月経つまで、曲の再生はおあずけになります。

 

スマホだと、無料プランだと時間制限なく聴けるみたいですね。

PCで再生していて持ち時間がなくなると、「つづきはスマートフォンで」という案内が出るので。

 

音質は無料プランでも十分

 

有料プランにすると、無料プランに比べて音質が上がるみたいです。

「みたい」というのは、正直そこまで違いがわからないからです…

 

流しっぱなしにする分には無料プランの音質でも十分に高音質だと思いました。

 

意外と快適な有料プラン

 

無料プランか有料プランかで、一番大きな違いはやっぱり持ち時間ですね。あと広告。

 

無料プランだとあとどれだけ再生時間が残っているのかを気にしながら聴いてしまうんですね。

あと不意打ちで音声広告が入ってくるのも、そこそこ鬱陶しい。まあミュートにすればいいだけですが。

 

sporifyを使わなくなるほどじゃないけど、地味に鬱陶しい二つの要素(制限時間と広告)が有料プランだときれいに取っ払われます。

 

これは快適ですね。慣れたらこれが当たり前と思ってしまいますが。

 

正直このあと無料プランに戻れるのかは自信がないですね。

 

無料プランは誰でも利用できるので、まずは無料で使ってみてspotify自体に慣れるのが良いと思います。ある程度使い方に慣れたら、有料プランに移るのでもOKです。わたしはそうでした。

 

まあ気に入らなければ、翌月は解約出来ますからね。それに最初の1か月は無料ですし。

 

spotifyで音楽を聴く