食べたくなる!作りたくなる!おすすめの料理マンガ!【随時更新】

おすすめ料理漫画 マンガ

料理のテーマにした漫画っていいですよね。

 

調理のことだけじゃなくて、食材のことやそれを生産している人のこと、食にまつわるいろんなことを一度に知ることができます。

 

しかも、漫画でストーリーもあるからわかりやすくて読んでいて楽しい。

楽しみながら食についての知識を深めることができるんです。

 

このことはあまり知られていないように感じます。

みなさんもっと漫画を読みましょう!

 

というわけで、わたしが実際に読んで面白かった料理漫画をご紹介します。

 

ここにあげたラインナップの漫画は、作るのがメインだったり、食べるのがメインだったりします。

食事や料理がメインのテーマになっていれば、それはひとくくりに「料理マンガ」としています。「いやこれ料理漫画じゃなくてグルメ漫画じゃねーか!」というツッコミはご遠慮くださいませ。

 

くーねるまるた


ポルトガル人の女の子が主人公というめずらしい漫画。

この女の子が家庭でできるいろんな料理を作っていく。たまに外食もする。

 

貧乏ながらも、創意工夫で美味しい料理を考えるのがいい。

メインキャラみんなかわいい。

 

見たことも聞いたこともないような料理がたくさん出てきて新鮮で面白い。

各章末に簡単なレシピも載ってる。どれも簡単ですぐに作れそう(作ってないけど)。

 

舞妓さんちのまかないさん

京都の舞妓さんたちが寝泊まりする「置屋」でまかないをする女の子の物語。

「まかない」とは食事を作る人のこと。

料理マンガといいつつも、半分くらいは京都や舞妓さんが占めるかも。

 

やわらかい絵柄で、料理・京都というテーマとよく合っている。

舞妓さんについての豆知識も面白い。

 

ひよっこ料理人

読んでいてとてもほっこりする、心温まる作品。

料理を作ることの意味、食事をすることの意味を教えてくれる。

 

表紙で敬遠しそうになったけど、読んで良かったと心から思えた作品。

 

幸腹グラフィティ

一人暮らしをする中学生の女の子・リョウ。料理が得意な彼女は、食事を通して 皆とあたたかい関係を築いていきます。食欲をそそる緻密な料理描写&少しエロチックな食事シーンが満載のお食事ストーリー4コマ

幸腹グラフィティ 漫画の殿堂・芳文社

 

かわいい女の子が料理を作って食べるだけなのに、面白いふしぎ。

食べるときの唇が艶っぽくて色っぽい。

 

アニメ化もした作品。シャフトが制作したから、夜の場面とかムダに怖かったけど。魔女がでそうで。でも料理はとても美味しそうだった。そのあたりの作画力はさすがシャフト。

 

江戸前鮨職人きららの仕事

互いに切磋琢磨していくすし職人たちの物語。

なぜ料理人ではなく“職人”とよばれるのか、みたいな話があって熱い。

 

序盤の鮨があまり美味しそうに見えないのはご愛嬌

 

途中からジャンプばりのすしバトル漫画になる。戦って負けて修行してまた戦って勝つみたいな。あれ、すしってなんだっけ……。

 

八雲さんは餌づけがしたい。

人暮らしの未亡人・八雲柊子は、ある日作りすぎてしまった料理を気まぐれでアパートの隣の部屋におすそ分けに行った。すると、隣に住む少年・大和翔平は、玄関先で八雲の料理を一気にたいらげてしまう。その食べっぷりと1人暮らしらしき室内の様子を見た八雲は、自分が作った料理を人にふるまう、通称「餌づけ」が元々好きなこともあって、また料理を作ってあげたいと思い、彼を自分の部屋での夕食に招く。それ以来大和は八雲の家で夕食を食べるようになり、二人は次第に交流を深めていく。

八雲さんは餌づけがしたい。 – Wikipedia

 

男子高校生が近所のお姉さん(未亡人)にご飯を作ってもらう、とかいう裏山けしからんシチュエーション。

10代の男子からしたら、一回り以上年上のしかも未亡人なんて未知の存在だよなぁ。

 

こんな男子高校生の日常があってたまるかッ!