「BUFFALO(バッファロー)」のワイヤレスマウス、「BSMBW325BK」を買ってから3週間位使ったのでレビュー!

マウス IT

ノートPC付属マウスから個別売りのマウスに買い替えたので、使い心地などを紹介します。

具体的にどのマウスにしたかというと、BUFFALO(バッファロー)の「静音マウス」↓です。

 

 

付属のマウスは最低限

 

PCを買うと、だいたいマウスも一緒についてきます。別売りのものを買わずに済みますからありがたいですよね。でもじつは、付属のマウスって使い勝手があまりよくない、ということに気づきました。

 

今までは、あの使い勝手が当たり前だと思っていましたが、そうではない。新しいマウスにしてから、そう思っています。

 

付属のマウスは、必要最低限のものです。クリックができて、ドラッグができて、ホイールでページ送りができる。ほとんどマウスをつかわない人には、十分かもしれません。でも、仕事などで頻繁につかうのならば、もう少しいいマウスにすることをおすすめします。

 

マウスを変えるだけで、作業中のストレスが軽減されます。

 

わたしは、ノートPCに付属していたマウスをずっとつかっていました。でもここ半年ほどで、クリックの反応が悪くなってしまったのです。そこで買い替えを検討し、購入。もともとが最低限のマウスだったからか、非常に使いやすく感じます。

 

このマウスのいいところ

 

クリック音がとても静か

いわゆる静音マウスです。まあ、まったくの無音ではないですが。ただ、普通のマウスの「カチッ」というクリック音に比べたら、音はほとんど響きません。

 

「進む戻るボタン」が意外とつかえる(動作確認はwindowsのみ)

マウスの左側にボタンがふたつ、ついています。これは「ブラウジングボタン」です。このボタンでブラウザの「戻る」と「進む」を操作できます。

↓写真の左上のほうにあるのが「戻る進むボタン」です。

ブラウジングボタンアップ

 

このボタンがかなり便利です。自分は今まで、戻る進むを「altキー+矢印キー」でやっていました。でもその必要がなくなり、マウス操作がかなりはやくなりました。

 

インターネットブラウザ(chromeやfirefox)だけでなく、エクスプローラーのウィンドウでもつかうことができます。エクスプローラーのウィンドウとは、windowsの「ドキュメント」や「ピクチャ」といったフォルダです。この上でも「ブラウジングボタン」が機能します。

 

販売ページにある画像で見るよりも実際のほうがかっこいいです。画像だとすこし安っぽく見えましたがそんなことはありませんでした(※個人の感想です)。

 

勝手にスリープモードに移行してくれる。

 

このマウスは、一定時間操作しなかったら勝手にスリープモードになってくれます。節約魔の自分にとっては、ありがたい機能でした。

ざっくりいうと、マウスを使わないままにしておくと、自動的にスリープモードになってくれるということです。

 

次の場合に自動でスリープモードになってくれます。

・15分間マウスを操作しなかったとき
・PCの電源をOFFにしたとき
・レシーバーをPCからはずしたとき

スリープモードの間は電力の消費がおさえられます。つまり節電の機能ですね。これで、使わないときに毎回電源をOFFにする手間がなくなりました。

 

高感度BlueLED

マウスの動きを読みとるための高感度なセンサー。正直普通につかっていてそこまでちがいはわかりません。

机、ノート、ベッド、膝の上は試して問題なく使えました。透明なガラステーブルの上でも動作するらしいです(そんなオシャレなものはもってないので、試してはいませんが)。

 

手にフィットするような形状

 

フィットする形状

マウスに手を重ねたときに、自然にマウスを握れるような形になっています。

ただし、そのため完全に右利き仕様です。左手で使うのは、残念ながらむずかしいです。

 

イマイチなところ

 

べつに不満点というほどでもないですが、少し気になったところを挙げていきます。

 

dpiはあまり使わない

ホイールの下のところに「dpi」というボタンがあります。これで何ができるかというと、マウスで操作するカーソルの移動スピードを切り替えることができます。

マウスを動かすと、PCの画面上でカーソルも同じように動きますよね。

「dpi」は、このときのカーソルの反応速度を切り替えるボタンです。切り替えられる速度は、二段階だけです。個人的には、デフォルトのままでいいと思います。

 

ホイールを回すときに少し引っかかる感じがある

 

ホイールは、まわすときに少し引っかかりがあるタイプです。なめらかにずうーっとスクロールしていけるタイプではありません。

 

勢いよくまわすと「ガリガリッ」という音がします。そのときの音は、クリック音のほうが静かなほど。ホイールをよくつかう人、ホイールにこだわりのある人は買わないほうがいいかも。

 

その他の特徴

 

どのOSで使えるのか

 

windowsは7、8.1、10で使えます。Macもok。

接続方法はUSBで無線。Bluetoothではないので注意。

技適マークあり。

マウスの上の部分はつるつるした素材なので、つかっていると結構指紋がつきます。

それが気になる人は買わないほうがいいでしょう。まあ拭けばきれいになりますが。

 

注意点!

 

・めちゃくちゃハイスペックというわけではない。
・ホイールを横に倒してページの横移動はできない
・進む戻るボタンに他の機能を割り当てることはできない。

 

こんな人におすすめ!

 

・トラックボールマウスのような結構高い値段のマウスには手が出ない。でも1,000円以下のものだと少し不安だという人
・コストパフォーマンスをもとめる人
以上です!