スマートフォンのカメラにある「HDR」ってどういう機能なのか?

IT

「HDR」は、簡単に言えば、「明るくて鮮やかな写真をとることができる」機能です。

たとえば、下の2つの写真を見比べてもらえると、ちがいがわかると思います。

 

ノーマル撮影

HDR撮影

 

一眼レフのような本格的なカメラを買うつもりはない。写真はスマホについているカメラで十分。でも、できるだけきれいで鮮やかな写真が撮りたい。そう思ったことはないでしょうか。

 

散歩しているときや旅行に行ったときなど、きれいな景色を見つけると、写真に残しておきたくなりますよね。

そこで、スマホを取り出して、カメラを起動し、シャッターをきる。

 

しかし、とれた写真を見るとイマイチ、ということがあります。とくにその場で、自分の肉眼で見ている景色と、写真にとれた景色との乖離に憮然としてしまいます。つくづく人間の目はよくできているものです。こんなときばかりは、その高性能が恨めしく思ってしまいます。

 

こんな状況をすこしばかり改善できる機能がスマホカメラに標準装備されていることを知っていますか?スマートフォンで撮影する写真を肉眼で見ている景色に近づけられるツールがあるのです。それが「HDR」です。

 

「HDR」はおそらくほとんどのスマホに搭載されているはずです。カメラアプリ内の設定などから簡単に切り替えられます。

 

ノーマル撮影

HDR撮影

 

「HDR」を使うと、光による白飛びがおさえられるので、くっきりとした写真になります。光源の明るさを控えめにすることで、画面全体に光が行き届く感じでしょうか。光源があると、どうしてもそこだけ極端に明るくなってしまい、それ以外のところが暗くうつってしまいます。「HDR」はそれを上手く修正してくれるのです!

 

「HDR」に向いているもの

・屋外の太陽光の下

・逆に暗いところ

・空や雲などの自然風景

 

明暗差があるところでの撮影に向いているのですね。逆に室内の普通の明るさのところでは、あまり「HDR」は効果を発揮しません。

 

「HDR」に向いていないもの

・動きがあるもの

・カラフルなもの

 

歩いている猫や飛んでいる鳥など、動いている物体をとるのには向いていないようです。それと、カラフルなもの。もとから色彩が豊かなものは、光をおさえると、逆にその鮮やかさがなくなってしまいます。

 

明るい日差しのもとで、風景を撮る。あるいは、暗いところで光っているものを撮る。この2つが「HDR」機能が上手くいきる場面でしょう。