好きなこと書けと言われても何を書けばいいのかわからない人へのアドバイスです。

真っ白なカンヴァス ブログ

「ブログを始めたけれど何を書けばいいかわからない?」

「それなら自分の好きなことを書けばいいよ!」

 

情報発信について調べていくうちに、こんな感じのことをもう100回は聞きました。

 

本でもインターネットの情報でもそうです。みんなが同じことをいっています。

 

嫌いなことを発信しろ、といっている人は1人もいません。

みんながみんな「好き」を発信しろといいます。

 

たしかに、好きなことについて考えている時間は楽しいです。

好きなことをブログなどに書きつづけていれば、上手くいくと収益化もできるかもしれないです。でも話はそう単純ではないと思うのです。

 

ブログを書きはじめてからとくにそう思っています。

 

好きなことだからといって、すぐにたくさんの文章を書けるようになるわけではない。

何を書いたらいいのかわからなくなって、それを好きなのかもわからなくなる。

 

こんなことがよくあります。というか、しょっちゅうです。毎日です。

 

なので、この記事では

 

どうしたら楽しく無理なくスムーズに自分の好きなことを発信しつづけられるのか

 

について考えてみました。

 

「好きなことについて書く」というのは、始まりでしかないんですね。

 

感性を論理に置き換える必要がある

 

なんか難しそうなこと言ってますが、べつに難しくないです。

情報を受ける側と発信する側とではちがいがある、というだけのことです。

 

たとえば、アニメや映画みたいな映像作品。あるいは、小説や漫画のような本でもいいです。こういうモノたちが好きでたくさん読んだり見たりしてきました。

 

でもよく考えたら、その作品を見終わったあとに「あ~面白かった!」で終了しているのです。面白くて好きで気に入ったとしても、それだけで文章を書くのは難しい。

 

なぜなら、「どこが面白かったのか」「どうして面白かったのか」みたいなことを自分のなかできちんと言葉にできていないからです。

 

ただ面白かっただけだと、感情で終わってしまいます。文章を書くにはそれをブログなどで発信するためにはもう少し先へ進める必要があるのです。感情を論理に。感想を文章にしないといけません。

 

そうなると、そもそもの作品に対する見方が変わってきます。というか変えざるを得ません。だって、ただ楽しむためだけにボケーッと見ていたら何も書けないからです。

 

作品のあらすじを理解する。登場人物や設定、世界観をちゃんと把握する。こんなことを意識しながら作品を見ていく。やってみると意外と大変です。小説や漫画なら、自分のペースで読み進められるし、前の方のページのどこでも好きに戻って確認できます。

 

文章だとじっくり読めるから理解できたらつぎに進むということもできます。

 

でもアニメや映画だとそうもいきません。もちろん、巻き戻して見ることも出来ますが。いちいち巻き戻すのも面倒くさいです。さらに映像があると、注意が散ってしまったりもします。

 

会話に集中していたら、その後ろの動きを見逃してしまったとか。逆に映像に注目していたら、会話を聞き逃したとか。とくにアニメ作品で、伏線など画面の情報量が多いと一回みただけで全部を理解するのはむずかしいです。まあ作品にもよりますが。

 

結局何が言いたいのかというと、もっと真剣に「好き」に向き合う必要があるということです。なんとなく作品を見て、なんとなく面白いと思った。それだけだと、アウトプットするにはいたれません。

 

アニメを見るなら、全力で見る。漫画を読むなら誰かに理由をつけて勧められるくらいに真剣に読む。

 

ただの娯楽作品にそんなことする必要あるの?と思うかもしれません。そんなに真面目だと楽しめなくなってしまう、と。

 

でもこれは少しちがうと思います。その作品を全力で真剣に見ることと、その作品を楽しむことは矛盾しません。むしろ、真剣に見れば見るほどより作品自体を余すところなく楽しめると思うのです

 

自分はただただ作品を見たり読んだりするだけでした。そこから、感想や気づいたことなどを書こうとして、そこではじめて気づいたのです。「自分は“好き”にちゃんと向き合っているのか」ということに。

 

それを好きだと言いながらも、テキトーに流し見なんかしていたことに気づいたのです。

 

時間がもったいないから、他のこともしたいからと。でもなおざりにするくらいなら、はじめから見ないほうがまだましです。と偉そうなことを言ってますが、まだ完璧に実践できてないんですよね……。

 

誰かに否定されたらどうしよう問題

 

自分は「好きなこと」を発信することすらしてきませんでした。

その理由の一つが、「誰かに否定されたらどうしよう」というものです。

 

自分の好きなことというのは、ある意味自分の存在意義になっています。その好きなものが生きがいになっていたりします。なのにそれを好きだということを否定されたら……。自分の存在自体を否定されたも同然に感じてしまう。これは決して大げさではありません。

 

しかしまあ、これは気にしていても仕方がないことです。そう割り切ってしまいました。たしかに、誰かに否定されたり攻撃されたりするのは怖い。でもそもそも他人とはわかりあえないのが当たり前です。他人は他人。それ以上でも以下でもない。

 

それに他人は自分が思っているほど自分に対しての興味はないのです。他人から興味をもたれている、注目されているというのは完全に自意識過剰です。

 

なので、自分が好きなことを発信するのに、いるかもわからない誰かを気にする必要はないのです。

 

好きをスラスラ書けるようになるためには

 

とにかく意識を変えるしかないです。恥とかプライドは捨てましょう。とはいえ、自分の気持ちや考えをおおやけにするのは、多少なりとも勇気のいることです。

 

「バカだと思われたらどうしよう」「そんなこと知ってるよ、と言われたらどうしよう」「上手く書けなくてどうしよう」

 

自分の“素”をさらけ出すのは意外と恥ずかしいものです。ですが、そんなことを考えている暇なんて微塵もありはしません。ただ好きなことを素直に、淡々と吐き出せばいいだけです。

 

好きなことを意識しすぎると息苦しくなる

 

「好きなこと」に囚われすぎると、迷子になってしまいます。

 

「好きだからもっとできるはず」「好きなことだからもっと上手くやらないと」「上手くいかないのは好きじゃないからだ」「好きなこと、好きなこと、好きなこと……」

 

こんな風にどんどん自分を追い詰めていってしまうのです。

それを本当に好きなのかということにも自信がもてなくなってきます。

 

これには他人の評価が気になるというのも原因だと思います。

「好きなことやってるくせにまったく成果でてないじゃん」などと言われた日には、何もかも放り出してひきこもりになること必至です(言われたことはないですが)。

 

でも、何が好きか、それをどのくらい好きかということはあなたにしかわかりません。あなただけのものです。なぜ好きなのかが漠然としていてのです。根拠のない自信をもって胸をはっていればいいのです。

 

自分に文句をつけてくるような人がいたとしても無視でOKです。どうせ100年後には灰になってます。

 

好きなことでも“飽き”はある

 

たとえどんなに好きなことをしていても、飽きというものがやってきます。どんなにアニメを見るのが好きでも、1日12時間視聴を1週間もつづければ、ほかのことがやりたくなります。

 

そんなときはべつの好きなことをしましょう。

好きなことがたった一つしかないということはないですよね?多少の度合いのちがいはあるにしても、ちょっとは好きなことがいくつかあるはずです。そっちに向かうのです。

 

何かをするモチベーションを保つには、新鮮さが大事だったりします。目新しいことをしていると、自然とワクワクして楽しい気持ちがわいてきます。すごく集中できたりします。

 

映画を見まくったら、小説を読んでみる。漫画を読みまくったあとは、外に出て音楽を聞きながら散歩をしてみる。アニメを見すぎて疲れてきたら、ちょっと買い物に出かけてみる。

 

好きなことでもずっと同じことをつづけていると、心も体も疲れてしまいます。そうすると、好きに対するモチベーションが落ちてきます。なんだか気持ちが向かわないからこれは好きじゃないのかもしれない、と思ってしまうかもしれません。

 

でもそれはちがいます。まだちゃんと好きなはずです。ただ、疲れてしまっただけです。

行動を変えると気持ちもリセットされます。同じことをずっとするよりも、次々に変えていったほうがいいです。そのほうが、変わるたびに新鮮な気持ちになれますから。