【無料】kindleストアで無料になっていた漫画から、面白い作品をご紹介!【週刊】

キンドル漫画無料 マンガ

kindleストアで無料になっていた漫画から、面白い作品を紹介します。

 

無料コミックは、

面白い作品を発掘する

のに最適です。

 

特に漫画はあまり試し読みができません。それが無料コミックなら、1巻丸々試し読みができる。試し読みとわりきっているので、自分に合わなかったらどんどん次にいきます。

 

無料なので、最後まで読まなきゃ損ということもありません。

ぜひ無料を上手くつかって充実した漫画ライフを送ってみてください。

 

(※本記事で紹介している漫画は、記事をご覧になっている時点では無料ではなくなっていることがあります。ご了承ください)。

 

 

ナナとカオル

 

 

高校生の幼馴染の男女二人が、「息抜き」のために“SMプレイ”をするという問題作

 

主人公の薫は、SM趣味をもっていた。その手の本を読んだり、SMグッズを買ったりして妄想にはげむ日々。

 

ある日ひょんなことから、隣に住む幼馴染のナナの手にボンテージがわたってしまう。そして、何を血迷ったのか、ナナはその衣装を着てみてしまった。身につけてみると、なんと自分の体にピッタリのサイズ。

 

ボンデージ衣装を着るという非日常のなかで、ナナと薫は軽いSMプレイに流されてしまう。SM趣味のある薫はともかく、ナナの方もこの“プレイ”に快感を覚えてしまう。

 

同時にそれが、行き詰まっていた自分の「息抜き」になっていることに気づいたナナ。

普通じゃないと思いながらも、ナナは薫にSMプレイに協力してくれるようお願いすることになる…

 

いかに“本番”をせずに、刺激的なシチュエーションにできるか、を頑張っている。

 

SMプレイといってもよく見るような激しいものじゃない。最初は軽いものから入っている。だからSMに興味のある初心者は、参考になると思う。

 

この作品でSMに対する偏見が無くなったのは事実。

 

SMは、まったく未知の世界ではなく、日常のすぐとなりにあるんだなと思った。

 

SMに興味がある人は、読むとかなり楽しめると思う。

もし、実践するならきちんと同意の上でやりましょう。

 

 

変女~変な女子高生甘栗千子~

 

 

「変女」とは、変な女子高生の略である。

ヒロインの甘栗千子は、見た目は超美少女

 

だが、見た目に反して中身は超残念なのだ。

どれくらい残念かというと、恥ずかしげもなく「チ○コ」だの「勃起」オナニー」だのと口にするくらい。

 

だが、美少女に「勃起をやめてください」などといわれると、興奮してしまうのは不思議だ。え、そんな変態はお前だけだ?

 

いえいえ、この漫画を読めば、きっとあなたも同じ気持ちになることでしょう。

 

可愛い女の子が下ネタをいう

しかも、ちょっと不機嫌そうなジト目をして、下ネタをいう

 

この素晴らしさに気づかせてくれた偉大な作品、それが『変女』なのだ。

 

 

ふたりエッチ

 

 

タイトルから想像して、勝手にくだらない作品かと思いこんでいた。が、まったく違っていた。

これはむしろ、全日本人が読むべき漫画である。

なぜなら、「性」についてきちんと描かれている作品である。

 

ちょくちょく「性」についてのデータが引用されていたりして、「へー」などと感心してしまったくらいである。

 

この漫画は、性教育の参考書にしてもいいのでは、と思う。参考書なのは、教科書にするには、内容が少し足りないから。

 

まあどこかの自治体は『ふたりエッチ』を有害図書にしているらしいが。

 

この『ふたりエッチ』という作品は、大きく2つの軸があると思う。

 

それは、性行為という意味での「セックス」と

人間の男女という意味での「セックス」。

 

つまり、「セックス」に関して、技術的なこと精神的気持ち的なことを同時に取り上げている。

 

本当に幸せなパートナーとは、いったいどういう関係のことをいうのか。

 

その1つのモデルケースをこの漫画を通して学ぶのも悪くないと思う。

 

 

エロスの種子

 

 

人間の業の深さを隠すことなくさらけ出している作品。

女性の陰核(クリトリス)をエロスの種子にたとえるのは上手いと思いました(小並感)

 

 

民法改正~日本は一夫多妻制になった~

 

 

いまより少しだけ先の未来。

東京オリンピック後の不景気をなんとかするために、日本では民法改正によってある制度が導入された。

 

それが「一夫多妻制」である。

 

異世界ではなく、現実世界でのハーレム物語。もちろん、現実といってもフィクション。

 

この一夫多妻制をつかうための条件をちゃんと決めているあたりが現実的。この制約があるおかげで、無秩序にはなっていない。

 

一見普通の世界のように見える。

つまり、まったくのフィクションではなく、意外と現実的な制度なのかも。

 

将来、少子化でどうしようも無くなったときに、「一夫多妻制」が導入される可能性もゼロではないという気がしてくる。

 

タイプのちがう3人の美女に迫られるという羨ましすぎる展開だけは、フィクション全開。